特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 稲葉陽八段-阿久津主税八段 第40局の5

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

強烈なジャブ

 稲葉が3四に金をすり込ませたのが図の局面。阿久津は残り8分まで考えて[後]4八歩成と攻め合いに出たが、ここは[後]3四同銀と応じる方が勝っていた。以下[先]同歩[後]4八歩成[先]同銀[後]8六歩[先]同歩[後]6五桂[先]同桂[後]8六飛[先]3三銀と進んだところで[後]7六金!(参考図)という気づきにくい好手があった。感想戦でこの[後]7六金を検討陣に示された両者は、阿久津が「こうか~!」、稲葉が「はあ~」とどちらも驚嘆の声を発した。

 長手数で恐縮だが、参考図から感想戦で検討された順は[先]同金[後]8七銀[先]6八玉[後]7六銀成[先]2二銀不成[後]同玉[先]3三角[後]同金[先]同歩成[後]同玉[先]3六飛[後]同金[先]2五桂[後]3四玉で、後手玉に詰みがなく先手がハッキリ負けである。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文634文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集