メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

貴景勝、大関昇進へ

大相撲春場所千秋楽で栃ノ心を破って10勝目を挙げ、支度部屋で笑顔の貴景勝=エディオンアリーナ大阪で24日

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)千秋楽の24日、東関脇・貴景勝(たかけいしょう)(22)=本名・佐藤貴信、兵庫県芦屋市出身、千賀ノ浦部屋=の大関昇進が確実になった。日本相撲協会の審判部が昇進を諮る臨時理事会開催を八角理事長(元横綱・北勝海)に要請し、了承された。27日の理事会を経て正式に決まる。貴景勝は千秋楽で大関・栃ノ心を破って10勝目を挙げ、小結だった昨年11月の九州場所での優勝(13勝)から計34勝を積み上げ、昇進の目安となる「三役で直近3場所33勝」を上回った。【田中将隆】

 貴景勝が身長175センチと小柄ながら出世街道を駆け上がった裏には、幼少期から父一哉さん(57)と二人三脚で励んだ激しい稽古(けいこ)があった。貴景勝は「(今場所)おやじが見に来た日は全部負けて、情けない子どもだった。最後に勝てて良かった」と感極まった。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文903文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです