メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi家電

シロカの電気圧力鍋で作った「りんごのコンポート」に驚きが止まらない! 生配信の模様をダイジェスト記事でお届け (GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

「GEEKERS(ギーカーズ)」は、プロフォトグラファー兼プロギークの桐島ローランドさん、絶景写真フォトグラファー パシャデリック山村健児さん、そしてギーク女子の七瀬さくらさんが毎回新製品を試して語りつくす、YouTubeの新型ストリーミング配信番組です。今年から、そんなGEEKERSとモノ誌GetNaviおよびGetNavi webとのコラボが実現。新メンバーとしてGetNavi webの編集長・山田佑樹を加え、生配信を行っています。

今回は「自動調理鍋」をテーマとし、3つの自動調理鍋(シャープ「ヘルシオ ホットクック KN-HW16D」、ティファール「Cook4me Express(クックフォーミー エクスプレス)」、シロカ「電気圧力鍋 SP-4D151」を集めて試食した回のなかから、シロカの「電気圧力鍋 SP-4D151」の紹介部分を抜粋。「りんごのコンポート」を調理してみた仕上がりはどうだったのか? 結果は以下、動画を文章におこしたダイジェスト記事をご覧ください!

動画は料理が出来上がったシーンからスタート!

桐島ローランド(以降ロ) あ、できてる。

 

パシャデリック山村健児(以降パ) おお、スゴーイ! スゴイ、香りがいい!

 

七瀬さくら(以降さ) 香りめっちゃスゴイ!

 

山田佑樹(以降や) 「りんごのコンポート」を作ってみました。

 

一同 おおー。

 コレは本当にラクで、りんごを切って、赤ワインを入れて、レモンを味のアクセントにして。シナモンスティックも入ってます。

 

 (視聴者のコメントを見て)「今日は毒がないなあ~」って。今日は悪い点を言ってないって。

 

 悪いところは、オレさっき言ったけど、実際こういうのって買っても使わないんですよ。

 

 逆に言えば、そこしか弱点がないってすごくないですか?

 

 ホントにどこまで便利なの? っていうところですよね。

 

 実際使ってみないと、使うかどうかわからないっていうところはまあありますよね。

 

 キッチン周りって、場所の取り合いじゃないですか。炊飯器や電子レンジやコーヒーメーカーがあるなかで、そこにおける余地があるかな、というのが重要かなと。小さくはないので。

 

 たしかに。正直、(いちばん小さい)シロカでも、置けるかな? って。ウチ置けるとこないな、と。

 

 やっぱり日本の家庭事情がね。特に一人暮らしはムリだし、一軒家でさえ、置ける面積が少ないよね。

 

 シロカはこれよりもう一回り小さいサイズもあります。

 

では、いよいよ試食!

 スゴイね! これも15分くらいで作ったんですよね?

 

 うわ、柔らかい!

 

桐島さん一口食べて…

 「うーん、マンダム(※)」


 あははは。もーちょっと待ってくださいよ。私しか笑ってないじゃないですか。

※男性化粧品のCMのセリフ「うーん、マンダム」より。1970年代にギャグとして大流行しました

 

 (カメラマンを指して)そんなことないよ、笑ってるよ結構。(…気を取り直して)いや、ウマイよ。できたてのコンポートって食べたことないけど、ウマイわ。ちょっと驚き。

 (味見して驚きの表情)

 どう? マンダム?

 

 うん、家で作ったときよりも(味が)しみこんでます。うまくいきました。

 

 今日、(紹介した自動調理鍋)3つともおいしいから、結構衝撃だった。

 私も自動調理家電て、「まあまあ」なのかなと思ってたんですけど、想像を超えてました。

 

 (突然)「ウマーイ!」

 (一瞬固まって)…また懐かしいね。スピードワゴンの井戸田さん(の「あまーい!」の口調)ですよね、今の。

 

 マンダムよりは新しいですけれども(笑)。

…気を取り直して。

 

 でも、(今回紹介した自動調理鍋は)コスパいいですよね。いまのところ、ちょっと大きいかな、っていうのと、洗い物も別に面倒じゃない、と考えると、これを置く場所があるんだったら、全然悪くないですよね。

 

 妻と娘と一緒に使ったんですけど、デザイン的にはシロカがいいって言っていました。ちょっとかわいらしさもあって。

 

調理性能とデザインの良さ、コンパクトさが光ったシロカ「電気圧力鍋 SP-4D151」。みなさんも、ぜひ注目してみてください!

動画はコチラ

 

次回のGetNavi×GEEKERSは「家電大賞」がテーマ

【3月25日(月) 21時から配信!】

3月のGetNavi×GEEKERSの生配信は来週月曜日、25日の21時から配信。テーマは3月19日に受賞式が行われた「家電大賞2018」の受賞モデル、注目モデルを4製品ピックアップ! 家電とはいえ、結構ガジェット寄りなものを選びましたので、アイテム好きの人は要チェック。

 

配信では実際にテスト環境を用意して色々と試したいと思います。今回も商品プレゼン、編集長のヤマダががんばります!

 

【配信はコチラから】

 

【GEEKERS】

GEEKERS Twitter(@GEEKERSJAPAN)

https://twitter.com/geekersjapan

GEEKERS YouTubeチャンネル  https://www.youtube.com/channel/UCs9DzdfhCJvaokRK6NJ9BpQ

【関連記事】
「冗談抜きでウマイ」生配信で絶賛の嵐! 自動調理鍋「クックフォーミー エクスプレス」でスペアリブを調理した
生配信でチャレンジ! 話題の自動調理鍋シャープ「ホットクック」でカレーを作ったら?
「失敗しない家電」と今後のトレンドが見えた! 家電大賞2018授賞式と受賞作を一気見せ
自宅にバリスタ世界一を呼んだも同然!? バーコードでプロの淹れ方を再現するIoTコーヒーメーカー
評価が高かったのはどれ? プロが選ぶ「増税前に狙うべき掃除機」を4項目でガチテスト

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです