メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号発表後も考案者公表せず

菅義偉官房長官=川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は25日の記者会見で、4月1日の新元号発表後も考案者を公表しない考えを示した。菅氏は3月14日に複数の学識者に新元号の候補名の考案を正式委嘱したことを明らかにしている。

 菅氏は「4分野(国文学、漢文学、日本史、東洋史)の学識に通じる方の中から委嘱した」と述べたが、具体的な分野や人数の明言を避けた。その上で「氏名の秘匿を(対象者が)希望している。明らかにすれば誰がどのような元号を考案したかなどが詮索される。こうしたことが適当ではないと考え、公表は差し控えたい」と述べた。

 安倍晋三首相は25日の自民党役員会で「新元号については、国民生活の影響を最小限に抑える観点から4月1日に発表する。平成の前例にのっとり、政府の責任においてしっかりと対応していく」と述べ、1989年1月7日の「平成」発表の手続きを踏襲する考えを示した。

 政府は考案者から新元号の候補案の提出を受け、絞り込みを進める。政府関係者によると、20~30の候補案が既に整理され、菅氏らの判断を待つ状況という。政府は4月1日に、各界有識者による「元号に関する懇談会」や、衆参正副議長らの意見を聞き、新元号を正式決定する。【高橋克哉、竹内望】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  4. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです