メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国地裁、三菱重工資産の差し押さえ認める 元女子勤労挺身隊訴訟

 【ソウル渋江千春】韓国の最高裁が三菱重工業に対し賠償を命じた元女子勤労挺身(ていしん)隊員らの訴訟で、韓国中部の大田(テジョン)地裁は、同社の韓国内の資産である商標権と特許権の差し押さえを認める決定をした。決定は22日付。原告側代理人が25日、明らかにした。

 韓国では元徴用工訴訟を巡り、新日鉄住金の資産もすでに差し押さえられている。いずれの訴訟でも原告側は差し押さえ資産の現金化のため…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです