メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共謀「証拠なし」 露疑惑捜査報告書が意味するもの 識者に聞く

前嶋和弘・上智大教授=本人提供

 ロシアによる2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑を巡り、24日に捜査報告書の概要が公表されたことは、トランプ大統領と野党・民主党にとってそれぞれ何を意味するのか。専門家に聞いた。

「泥仕合終了、民主党にプラスも」前嶋和弘・上智大教授

 トランプ氏にとって、疑惑の最大の焦点であった自陣営とロシアとの共謀が立証できないことが明らかになった意味は大きい。司法妨害に関しては若干のグレーさは残るが、罪が明白ということでもない。弾劾訴追には、より説得力のある非違行為の存在が必要で、議会が弾劾に動き出すことは無いだろう。

 トランプ氏は「無罪放免だ」「民主党が不当に自身を追及した」と支持者にアピールするだろう。世論調査で…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1153文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです