メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露疑惑、解明ほど遠く 大統領選向け「より激しい政治闘争の扉開けた」

トランプ米大統領=ホワイトハウスで2019年3月24日、AP

 トランプ米政権を大きく揺さぶってきた「ロシア疑惑」に一定の結論が示された。2016年米大統領選に関し、ロシアとトランプ陣営の共謀に関しては「シロ」だが、大統領による司法妨害の疑いについては「灰色」のままとなった。さらに、2年近くのモラー特別検察官の捜査報告書はわずか4ページの書簡で簡潔に説明されただけ。疑惑の全面解明という印象にはほど遠いのが実情で、米メディアは来年の次期大統領選に向け「より激しい政治闘争の扉を開けた」と報じている。【ワシントン高本耕太、古本陽荘】

この記事は有料記事です。

残り1930文字(全文2165文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです