メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

露疑惑、解明ほど遠く 大統領選向け「より激しい政治闘争の扉開けた」

トランプ米大統領=ホワイトハウスで2019年3月24日、AP

 トランプ米政権を大きく揺さぶってきた「ロシア疑惑」に一定の結論が示された。2016年米大統領選に関し、ロシアとトランプ陣営の共謀に関しては「シロ」だが、大統領による司法妨害の疑いについては「灰色」のままとなった。さらに、2年近くのモラー特別検察官の捜査報告書はわずか4ページの書簡で簡潔に説明されただけ。疑惑の全面解明という印象にはほど遠いのが実情で、米メディアは来年の次期大統領選に向け「より激しい政治闘争の扉を開けた」と報じている。【ワシントン高本耕太、古本陽荘】

この記事は有料記事です。

残り1930文字(全文2165文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです