メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AIとデザイナーが一緒にドレスを作ったら

AIとデザイナーが一緒にドレスを作ったら(2)画像生成に大きな壁 2台を競わせ「二律背反」の答え探し

 ファッションデザイナーとともにドレス作りのアイデアを「考える」人工知能(AI)を担当することになった理化学研究所革新知能統合研究センター(AIP、杉山将センター長)は、2016年に設置された日本を代表するAI研究の拠点だ。革新的なAI技術を開発し、国内外の企業や大学などと幅広く連携しながら科学の発展、社会課題の解決に貢献するとともに、AIの倫理などについても研究する。現在、700人を超える研究者や学生らが53のグループに分かれて研究に取り組んでいる。

 今回のプロジェクトには二つの研究室が参加することになり、それぞれAIを使ったドレスの画像作りに着手した。

この記事は有料記事です。

残り2166文字(全文2447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです