メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「世界に羽ばたいて」 高知で龍馬脱藩祭

たいまつを手に参道を下る子どもたち=高知市神田の和霊神社で2019年3月24日13時43分、松原由佳撮影

 坂本龍馬の脱藩を記念した「龍馬脱藩祭」が24日、和霊神社(高知市神田)であった。岡崎誠也市長や近くの市立神田小の4年生らが出席。たいまつを片手に脱藩する姿を再現し、龍馬の心意気に思いをはせた。【松原由佳】

 和霊神社は、龍馬の先祖が坂本家の屋敷神として建立した神社。脱藩を前に、龍馬は文久2(1862)年3月24日、「吉野に花見に行く」と言って和霊神社に立ち寄った。水杯を交わし、成就祈願をしたと伝えられている。龍馬の決意を受け継ぎ、新たな旅立ちの場として伝えよ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです