メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪

野生イノシシへの豚コレラワクチン散布、岐阜でも開始

2019年2月19日、豚コレラが発生した岐阜県内の養豚場で作業にあたる関係者=大西岳彦撮影

 豚(とん)コレラの感染拡大防止のため、岐阜県は25日、ウイルスを媒介するとされる野生イノシシへの経口ワクチンの散布を始めた。29日までに県内18市町約900カ所で、トウモロコシなどの餌にまぜたワクチンを散布し、感染拡大を防ぐ考え。ワクチン散布は愛知県に次いで2県目。

 25日は岐阜県内の12市町約200カ所…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文253文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  3. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 新海監督、京アニに「どうかご無事で」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです