メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野生イノシシへの豚コレラワクチン散布、岐阜でも開始

2019年2月19日、豚コレラが発生した岐阜県内の養豚場で作業にあたる関係者=大西岳彦撮影

 豚(とん)コレラの感染拡大防止のため、岐阜県は25日、ウイルスを媒介するとされる野生イノシシへの経口ワクチンの散布を始めた。29日までに県内18市町約900カ所で、トウモロコシなどの餌にまぜたワクチンを散布し、感染拡大を防ぐ考え。ワクチン散布は愛知県に次いで2県目。

 25日は岐阜県内の12市町約200カ所…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  2. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 天然アユ食べて健康な目に 病気予防の色素豊富 岐阜薬科大グループ発表

  5. 札幌でフードデリバリー競争激化 3社に注文した記者が感じた違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです