特集

プライム司法

司法にかかわるさまざまな話題を伝えます。

特集一覧

記者のこだわり

準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
福岡地裁久留米支部=福岡県久留米市で2019年3月25日午後2時19分、安部志帆子撮影
福岡地裁久留米支部=福岡県久留米市で2019年3月25日午後2時19分、安部志帆子撮影

 福岡地裁久留米支部で今月12日に言い渡された準強姦(ごうかん)事件の無罪判決が大きな反響を呼んでいる。判決は「女性が抵抗不能の状況にあったとは認められるが、男性がそのことを認識していたとは認めることができない」として無罪の結論を導き出したが、ネットでは「こんな判決がまかり通るのか」「男性が『レイプだ』と思っていない限り、罪にならないってこと?」などと批判や疑問が相次いでいる。どんな理由で今回の判決は下されたのだろうか。【安部志帆子/久留米支局、平川昌範/西部報道部】

この記事は有料記事です。

残り3340文字(全文3576文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集