メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春場所「自分と向き合う時間が長かった」 貴景勝、大関昇進確実に 決意新た 

大関昇進を確実にし、記者会見で師匠の千賀ノ浦親方と握手する貴景勝(左)=東大阪市で2019年3月25日午前9時21分、長宗拓弥撮影

 大相撲春場所で大関昇進を確実にした関脇・貴景勝(22)が千秋楽翌日の25日、東大阪市内で記者会見し、「(応援してくれた)周囲にも自分の夢にも応えたかった。優勝の時より、精神的に(ぐっと)くるものがあった」と安堵(あんど)の表情で15日間を振り返り、「まわしを取らせない、もっと相手を突き放す相撲をやっていきたい」と決意を新たにした。

 大関取りが懸かる今場所、序盤戦で3勝2敗と星が伸びず「どうせ負けるなら、自分の相撲を取って負けよう…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです