横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
42回目の幕内優勝から一夜明け、笑顔を見せる白鵬=大阪市内で2019年3月25日午前、村社拓信撮影
42回目の幕内優勝から一夜明け、笑顔を見せる白鵬=大阪市内で2019年3月25日午前、村社拓信撮影

 日本相撲協会の横綱審議委員会(横審)が25日、東京・両国国技館で開かれた。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は記者会見で、大相撲春場所で優勝した横綱・白鵬が、24日の表彰式中の優勝インタビューで観客と一緒に三本締めを行ったことについて、「違和感を覚えるという委員が多かった」と明かした。

 矢野委員長は三本締めについて「一力士と…

この記事は有料記事です。

残り48文字(全文216文字)

あわせて読みたい

注目の特集