メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ポーランドの動物園、アルビノの赤ちゃんペンギンを公開

 3月22日、ポーランドの動物園で、アルビノの赤ちゃんペンギンが来園者に披露された。提供写真(2019年 ロイター/Agencja Gazeta/Michal Ryniak)

[PR]

 [ワルシャワ 22日 ロイター] - ポーランド北部グダニスクの動物園で22日、アルビノ(先天的なメラニン欠乏)の赤ちゃんペンギンが来園者に披露された。動物園のスタッフによると、飼育されているペンギンとしては唯一のアルビノだという。

     このペンギンは生後3カ月で、名前は付けられておらず、性別もまだ分からない。動物園のマーケティング担当者はペンギンについて「シャイで少し怖がっている。健康状態などを調べることでストレスを感じさせたくない」と語った。

     このペンギンは現在、両親のほか、園内で最もおとなしいペンギンたちと一緒に生活している。スタッフは、他のペンギンが外見の異なるアルビノのペンギンを受け入れない可能性があるため、大半のペンギンから離して飼育していると説明した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

    4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

    5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです