メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ポーランドの動物園、アルビノの赤ちゃんペンギンを公開

 3月22日、ポーランドの動物園で、アルビノの赤ちゃんペンギンが来園者に披露された。提供写真(2019年 ロイター/Agencja Gazeta/Michal Ryniak)

[PR]

 [ワルシャワ 22日 ロイター] - ポーランド北部グダニスクの動物園で22日、アルビノ(先天的なメラニン欠乏)の赤ちゃんペンギンが来園者に披露された。動物園のスタッフによると、飼育されているペンギンとしては唯一のアルビノだという。

     このペンギンは生後3カ月で、名前は付けられておらず、性別もまだ分からない。動物園のマーケティング担当者はペンギンについて「シャイで少し怖がっている。健康状態などを調べることでストレスを感じさせたくない」と語った。

     このペンギンは現在、両親のほか、園内で最もおとなしいペンギンたちと一緒に生活している。スタッフは、他のペンギンが外見の異なるアルビノのペンギンを受け入れない可能性があるため、大半のペンギンから離して飼育していると説明した。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    2. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

    4. 秋元衆院議員、元秘書周辺を捜索 任意で事情聴く 東京地検

    5. 公明・山口代表、升酒乾杯で「迷惑かけた」 桜を見る会めぐり陳謝

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです