メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

カザフスタンが首都名を「ヌルスルタン」に変更、前大統領に敬意

 3月23日、カザフスタンは、首都の名称をアスタナからヌルスルタンに変更した。約30年にわたった在任の後に突然辞任したヌルスルタン・ナザルバエフ前大統領(写真)に敬意を表して命名したという。写真は首都で20日撮影(2019年 ロイター/Mukhtar Kholdorbekov)

[PR]

 [アルマトイ 23日 ロイター] - カザフスタンは23日、首都の名称をアスタナからヌルスルタンに変更した。約30年にわたった在任の後に突然辞任した、ヌルスルタン・ナザルバエフ前大統領(78)に敬意を表して命名したという。

     名称変更は、カシムジョマルト・トカエフ暫定大統領がこの日大統領令に調印して正式に発効。

     首都名の変更は過去60年で4度目だが、今回については一部住民や野党幹部らが反発している。

     当局は、アスタナの名前を含む多くの公共施設や行事、企業などの名称は存続するとしている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

    2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

    3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

    4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

    5. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです