メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

カザフスタンが首都名を「ヌルスルタン」に変更、前大統領に敬意

 3月23日、カザフスタンは、首都の名称をアスタナからヌルスルタンに変更した。約30年にわたった在任の後に突然辞任したヌルスルタン・ナザルバエフ前大統領(写真)に敬意を表して命名したという。写真は首都で20日撮影(2019年 ロイター/Mukhtar Kholdorbekov)

[PR]

 [アルマトイ 23日 ロイター] - カザフスタンは23日、首都の名称をアスタナからヌルスルタンに変更した。約30年にわたった在任の後に突然辞任した、ヌルスルタン・ナザルバエフ前大統領(78)に敬意を表して命名したという。

     名称変更は、カシムジョマルト・トカエフ暫定大統領がこの日大統領令に調印して正式に発効。

     首都名の変更は過去60年で4度目だが、今回については一部住民や野党幹部らが反発している。

     当局は、アスタナの名前を含む多くの公共施設や行事、企業などの名称は存続するとしている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

    2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

    3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

    4. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

    5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです