メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

買ったお店なのにメンテを断られる現実! ディーラーがお手上げの旧車事情

情報提供:カートップ

買ったお店なのにメンテを断られる現実! ディーラーがお手上げの旧車事情

補修部品の製造廃止が原因で修理不可となることが多い

 愛車が不幸にもトラブルに見舞われた場合、あなたならどこに持ち込むだろうか? 付き合いのあるショップや修理工場があればそこが第一候補になるだろうが、そういったところがない場合、やはり頼るのはディーラーとなるだろう。しかし、古いモデルになるとディーラーでの修理が不可能という事態も少なからず起きているようだ。

 これは何も付き合いのないお客だから断っている、というわけではなく、そのディーラーで新車を購入し、長きに渡って点検や車検をそのディーラーで受けてきたユーザーでも起きている事態なのである。なかには「もう車検は通せないから買い替えを……」と言われるユーザーもいるほどだ。

旧車

 こうなってしまう要因のひとつとしては、販売終了から年数が経過しすぎてしまい、修理に必要な部品の供給が終了してしまっているということが挙げられる。つまり、直してあげたくても部品がないから修理できません、ということなのである。

 もちろん、日常的に使用するために必要な消耗品類は比較的長期に渡って生産が続けられているので、消耗品の交換で直るような軽微なトラブルなら問題ないのだが、大掛かりな修理となると部品がすでに供給されないということが少なくないのだ。

旧車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. ORICON NEWS 『名探偵ピカチュウ』米興行、予想を上回る好成績 「ゲーム原作映画はヒットしない」定説を覆す?
  3. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず
  4. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  5. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです