メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴラン高原

イスラエル主権正式承認 トランプ氏署名

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は25日、イスラエルのネタニヤフ首相とホワイトハウスで会談し、1967年からイスラエルが占領を続けるゴラン高原についてイスラエル主権の正式承認を宣言する文書に署名した。緊密な関係を反映した動きだが、イスラエル軍の撤退を求めてきた国際社会の反発は必至だ。

 会談に先立ちトランプ氏は「イスラエルの自衛能力を高めるため、歴史的な措置を講じる」と述べ、ゴラン高原の主権をイスラエルに求める大統領布告書に署名した。ネタニヤフ氏は「歴史的な決断。あなたはイスラエルにとって、歴代米大統領で最良の友人だ」と謝意を示した。

 ゴラン高原はシリアに属していたが67年の第3次中東戦争でイスラエルが占領。81年に一方的に併合を宣…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです