メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気象庁

会見に手話通訳 大規模地震や特別警報時

 気象庁は25日、大規模地震や特別警報発表の際に開く緊急記者会見に、テレビ中継されることを前提にし、手話通訳者を同席させると発表した。

 当面は午前9時から午後6時までの限定だが、梅雨で災害の危険性が増す6月ごろをめどに24時間態勢への移行を目指す。通訳者は外部から派遣を受けるという。

 緊急会見は(1)国内で震度5弱以上の地…

この記事は有料記事です。

残り137文字(全文299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです