メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

津波到達点に桜植樹 陸前高田、かさ上げ地で 全国から138人、祈り込め /岩手

 陸前高田市のかさ上げ地で23日、津波到達点に桜の苗木を植える植樹会があった。市内のNPO法人「桜ライン311」が震災の約半年後から続ける活動で、市中心部のかさ上げ地での植樹は初めて。全国から集まった138人の参加者は「二度と津波で尊い命を失わないように」と祈りを込め、一本一本丁寧に土をかぶせていた。【三瓶杜萌】

 桜ラインは、約170キロにわたる津波到達点に10メートル間隔で桜を植えて線を描き、その桜より上に避難するよう後世に伝承する活動を続けている。かさ上げ地近くの津波到達点は造成工事が終わるまで立ち入ることができず、震災から8年たってようやく植樹にこぎつけた。この日はかさ上げ地を含む市内5カ所に51本の苗木を植えた。33回目の植樹会で、植えた桜は1590本。目標の1万7000本にはまだ遠い。

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです