メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

「若者トーク」で震災伝承 熊本の学生らも参加 気仙沼 /宮城

 東日本大震災の経験や教訓を語り継ぐ活動に取り組む若者同士が語り合う「若者トーク」が24日、気仙沼市の気仙沼向洋高校旧校舎併設の「震災遺構・伝承館」で開かれた。熊本地震の伝承活動を続ける若者も参加し、石巻、東松島の若者らと伝承するうえで大切なことを話し合った。

 震災伝承の連携組織「3・11メモリアルネットワーク」の企画で、5回目。熊本地震で被災した東海大阿蘇キャンパスの学生らが設立した「阿蘇の灯(あかり)」元代表の橋村さくらさん(23)と、学生メンバーの筒井亜樹子さん…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです