メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県教委 教職員4616人が異動 「副校長」2人増員 /福島

 県教委は25日、定期人事異動(一部を除き、4月1日付)を発表した。公立学校や県教委事務局の異動規模は前年度比169人増の4616人となった。

 学校のマネジメント力強化のため、校長と教頭の間をサポートする副校長を前年度に続き2人増員。さらに教頭と教員の間で学校の総合的な調整役となる主幹教諭を新たに16校に配置した。

 県教委事務局では、21年1月から実施される大学入学共通テストの英語で導入される予定の民間資格・検定試験に向け、受験した民間試験の結果を分析し、能力を育てる指導法を構築するため、高校教育課に英語の指導主事を1人置く。

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです