メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浦安市消防団

まとい受賞 「長年の夢」前団長墓前に報告 /千葉

 日本消防協会が特に優れた活動をしている消防団に授与する「特別表彰まとい」を、浦安市消防団が受賞した。まとい受賞は昨年11月に亡くなった前団長の長年の夢で、現団長らが墓前に報告した。

 まといは江戸時代の町火消しが旗印として用いた。特別表彰まといは全国に約2200ある消防団の中から毎年10団に授与され、消防団最高の栄誉とされる。浦安市消防団は団員137人のうち女性が39人と女性消防団の活動が盛んで、少年消防団も昨年の合同訓練の全国大会で優勝するなど活躍していることなどが評価された。県内では9団目の受賞となる。

 昨年11月に76歳で亡くなった平林清重前団長は少年消防団の設置などに取り組んだ。2010年度から8…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文711文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです