メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

ときには自分本位で /東京

 はっと気づくと3月も終わろうとしている。時の流れの早さにはいつも驚かされるが、とくに今年は天皇陛下の退位による代替わりが控えていることもあり、なんとなく落ち着かない気がする。

 「平成」と印刷された書類を病院などで見ながら、「5月にはここに棒線を引いて、新たな元号を書くのかな」と考えると、「じゃ、書類に記入するのは5月になってからでいいか」などと、ついつい仕事を先送りすることもある。患者さんも異動や卒業、入学などで、この時期は落ち着かない。よく社会人から相談されるのが「宴会が苦手なのですが、歓送迎会を欠席するのはマズいでしょうか」という悩みだ。

 私は「1分でいいので頭の中で想像してみましょう。もし出席して、お世話になった上司にあいさつをする。どうですか。いま気持ちがサッパリしてますか」ときいて、「そうですね。ちゃんとあいさつできたらうれしいかも」といった答えが返ってきたら、「じゃ、出てみましょうか。万が一のときのために気持ちが落ち着く漢方薬を頓服で出します」などと言う。

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文972文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです