メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香山リカのココロの万華鏡

ときには自分本位で /東京

 はっと気づくと3月も終わろうとしている。時の流れの早さにはいつも驚かされるが、とくに今年は天皇陛下の退位による代替わりが控えていることもあり、なんとなく落ち着かない気がする。

 「平成」と印刷された書類を病院などで見ながら、「5月にはここに棒線を引いて、新たな元号を書くのかな」と考えると、「じゃ、書類に記入するのは5月になってからでいいか」などと、ついつい仕事を先送りすることもある。患者さんも異動や卒業、入学などで、この時期は落ち着かない。よく社会人から相談されるのが「宴会が苦手なのですが、歓送迎会を欠席するのはマズいでしょうか」という悩みだ。

 私は「1分でいいので頭の中で想像してみましょう。もし出席して、お世話になった上司にあいさつをする。…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文972文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 女の気持ち たった一つの実 山口県光市・初田照子(85歳)

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです