メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電化製品

プラグの掃除こまめに 県内の配線事故、5年間で5件 ほこりや水で発火 /富山

トラッキング現象で発火した例=独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE)提供

 県内で2013~17年度の5年間に、電化製品の配線器具に関する事故が5件起きていたことが、独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE)北陸支所のまとめでわかった。うち2件は火災になった。

 年度別では、14、16、17年度1件ずつ、15年度2件。中でも、電源プラグの周囲やコンセントにほこり、水分が付着してプラグの差し込む部分に微弱な電流が流れ、それが繰り返されることでプラグの部品が炭化して発火につながる「トラッキング現象」による事故が目立つ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです