メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

墓マイラー見聞録

柔道家・鍛冶宏美 白山 短くも濃い競技人生 /石川

国内外で活躍した柔道家の鍛冶宏美=鍛冶敏子さん提供

 国際試合で華々しい成績を残し、引退後は海外に渡って競技の普及に尽力した柔道家がいた。白山市出身の鍛冶宏美。一昨年夏、脳腫瘍のため37歳で早世した。

 記者が彼女を知ったのは、残念ながら亡くなった後のこと。取材先の公益財団法人県アイバンクから送ってもらった広報誌をめくっていると、角膜ドナーとして紹介されていた女性の姿が目に留まった。屈託のない笑顔が印象的だった。

 鍛冶は小学4年の時、親の勧めで地元の名門・鶴来坂田道場に入門。「おてんばな性格で力が有り余っていた…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1130文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです