メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜和傘

咲く桜、広げると頭上に花びら 女性職人が制作2カ月、価格は20万円 /岐阜

 広げると桜の花びらのかたちになる特注の岐阜和傘がインターネット上で話題を呼んでいる。女性職人が創意工夫を凝らした品で、価格は20万円(税抜き)。「花吹雪の下にたたずむ姿が思い浮かぶ」「晴れた日にさして散歩してみたい」などの声が相次いでいる。【高橋龍介】

 岐阜和傘は江戸時代から続く岐阜市特産の伝統工芸。岐阜和傘を紹介・販売する「和傘CASA」(同市湊町)の河口郁美店長によると、制作したのは「〓(かさ)日和(ひより)」の職人、河合幹子さん。上映中の米映画「メリー・ポピンズ リターンズ」で主演を務める俳優、エミリー・ブラ…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです