メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

浜松市長選 問われる事業の選択 ヘルパー利用時間最低「ニーズ見極めを」 /静岡

 4月7日に投開票される浜松市長選。市は借金に当たる市債の残高を減らすなど財政を再建しつつ、行政区の再編でさらなる行財政改革を進めようとしている。浜松医療センターの建て替えなど将来に巨額の投資が見込まれる中、何の事業を削って何をするのか、選択と集中の質が問われている。【奥山智己】

 「やっぱりね」。浜松市の市民グループ「浜松の福祉を考える会」のメンバー、小田木一真さん(53)は調査結果を見てつぶやいた。各自治体でどれぐらいホームヘルパーが利用されているかが分かる利用計画(人口10万人当たりの利用時間の見通し)の2018~20年分について、20ある政令指定都市の状況を調べたところ、浜松市が3年間の合計時間で最低だったのだ。

 ホームヘルパーは、障害者の自宅で入浴や食事の世話をしたり、出かける時に移動の手助けをしたりして支援…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1066文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです