メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆の残り火

原爆の火、二度と ローマ法王、被爆者と対面 核廃絶を願い吹き消す /京都

広島原爆の残り火を吹き消すフランシスコ・ローマ法王=NPO法人「アースキャラバン」提供

 2017年のノーベル平和賞授賞式で演説したカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(87)や、京都市のNPO法人「アースキャラバン」のメンバーらが20日、核廃絶を共に祈りたいとバチカンでフランシスコ・ローマ法王と対面した。同法人によると、一行が「二度と核の火が現れないよう吹き消してほしい」と日本から持参した広島原爆の残り火を差し出すと、法王は静かに吹き消した。

 サーローさんは法王の11月の訪日に向け「日本政府に核廃絶を働きかけてほしい」と要請し、法王は「私のために祈ってください」と応じたという。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです