広島原爆の残り火

原爆の火、二度と ローマ法王、被爆者と対面 核廃絶を願い吹き消す /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
広島原爆の残り火を吹き消すフランシスコ・ローマ法王=NPO法人「アースキャラバン」提供
広島原爆の残り火を吹き消すフランシスコ・ローマ法王=NPO法人「アースキャラバン」提供

 2017年のノーベル平和賞授賞式で演説したカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(87)や、京都市のNPO法人「アースキャラバン」のメンバーらが20日、核廃絶を共に祈りたいとバチカンでフランシスコ・ローマ法王と対面した。同法人によると、一行が「二度と核の火が現れないよう吹き消してほしい」と日本から持参した広島原爆の残り火を差し出すと、法王は静かに吹き消した。

 サーローさんは法王の11月の訪日に向け「日本政府に核廃絶を働きかけてほしい」と要請し、法王は「私のために祈ってください」と応じたという。

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集