メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手話によるおはなし会

手話で紡ぐ物語の世界 宝塚 /兵庫

手指の動きに大きな身ぶり手ぶりも交えて絵本を物語る馬殿幸子さん(左)、瀧野みちるさん=兵庫県宝塚市清荒神1の市立中央図書館で、土居和弘撮影

 宝塚市立中央図書館(市清荒神1)で25日、手指の動きやしぐさ、顔の表情で物語の世界を紡ぎ出す「手話によるおはなし会」があり、市民ら約80人が楽しんだ。2016年に手話言語条例を制定した同市が、手話を言語の一つとして、その理解を深め、普及させようと初めて企画した。

 「語り手」は聴覚に障害があり6年前に手話を始めた馬殿(ばでん)幸子さん(55)、手話歴44年の瀧野(たきの)みちるさん(68)の市内在住の2人。…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです