メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県議選・注目区を行く

/中 東牟婁郡 保守地盤、二分の激戦か 自民「2議席」確保、計算も /和歌山

 県議選東牟婁郡選挙区(定数2)では、那智勝浦町を地盤とする谷洋一氏(70)と、串本町を地盤とする前芝雅嗣氏(70)の自民2氏が、新たな選挙区割りとなった2007年以降連続3回、二つの議席を分け合ってきた。今回、谷氏は7選を目指して出馬する一方、前芝氏は今任期限りでの引退を表明。空席を巡って元串本町議の2人が名乗りを上げ、町内の保守地盤を二分する激戦が見込まれている。

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1222文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 15~39歳「AYA世代」のがん 女性が78% 国立がん研究センター調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです