メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風景を歩く

上阿田木神社 篤き信仰 神さびた社 /和歌山

落ち葉が散り残る上阿田木神社社殿の前庭=和歌山県日高川町初湯川

 これまで多くの社寺にお参りしてきたけれども、日高川町初湯(うぶゆ)川(旧美山村)に坐(いま)す上阿田木(かみあたぎ)神社の社叢(しゃそう)ほど神さびた姿を、あまり見たことがない。

 このお社(やしろ)の縁起によれば、古くは「上愛徳(かみあたぎ)六所権現(ごんげん)」と称され、元々は熊野の権現が愛徳の権現と名前を変えて、土着の人々の苦しみを救済するために、日高川沿いの辺鄙(へんぴ)なこの場所に跡を垂れたという。記紀の神話を取り入れたせいか、祭神は女神のイザナミノミコトとなっている。

 春の祭礼にも古式が残されており、笛太鼓によるその歌舞は、起源が平安のころのそれに見られるように悠長…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. 飯豊まりえ ホラー映画「シライサン」で初単独主演 乙一が長編監督デビュー

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです