メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

ロシア疑惑 共謀、証拠なし トランプ氏、攻勢へ 捜査報告概要

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる2016年米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑を巡り、モラー特別検察官の捜査報告書の「主要な結論」が24日、公表され、双方が共謀した証拠はなかったと結論づけた。一方、トランプ大統領が捜査を妨害しようとした疑いについては犯罪かどうか判断を留保したが、バー司法長官が「司法妨害を立証するには証拠不十分」と判断した。

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文983文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです