メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

米捜査報告概要 露疑惑、全面解明は遠く 「接触」目的、説明なし

 トランプ米政権を大きく揺さぶってきた「ロシア疑惑」に一定の結論が示された。2016年米大統領選に関し、ロシアとトランプ陣営の共謀に関しては「シロ」だが、大統領による司法妨害の疑いについては「灰色」のままとなった。さらに、2年近くのモラー特別検察官の捜査報告書はわずか4ページの書簡で簡潔に説明されただけ。疑惑の全面解明という印象にはほど遠いのが実情で、米メディアは来年の次期大統領選に向け「より激しい政治闘争の扉を開けた」と報じている。【ワシントン高本耕太、古本陽荘】

この記事は有料記事です。

残り1931文字(全文2166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 英変異株、初の市中感染か 英国滞在歴ない静岡県の男女3人

  5. 全国で新たに4927人感染確認 月曜最多 重症者973人、15日連続最多更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです