メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院予算委

続く政権失態、国会は粛々 桜田氏、また陳謝・撤回 野党、迫力欠く

参院予算委員会で東日本大震災に関する自身の発言について答弁する桜田義孝五輪担当相=国会内で2019年3月25日午前10時56分、川田雅浩撮影

 25日の参院予算委員会では、政権側の失言や失態が取り上げられた。しかし野党の追及は迫力を欠き、来年度予算案が27日に参院本会議で採決されて成立する流れは動かない。【影山哲也、遠藤修平】

 「事実と異なるため、おわびの上、撤回させていただく」

 この日、自身の発言の謝罪・撤回に追い込まれたのは桜田義孝五輪担当相だった。昨年10月の就任以来、自身の言動に関する謝罪は5回目となる。

 今回の謝罪は、東日本大震災の津波に関連して、24日の地元集会で「国道とか交通、東北自動車道も健全に…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1363文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです