メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

歴史認識問題、どう打開? アジア歴史資料センター長 波多野澄雄氏

 アジア諸国との「相互理解と相互信頼」を目指し、18年前に設立された国立公文書館アジア歴史資料センター(アジ歴)=1=が、先進的なデジタルアーカイブの構築を進めている。日韓歴史問題の打開などに文書館はどんな役割を果たせるのか。日本政治外交史が専門の波多野澄雄・同センター長(71)に聞いた。【聞き手・岸俊光、写真・丸山博】

この記事は有料記事です。

残り2769文字(全文2930文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  2. 丸山氏、衆院理事会の聴取欠席 「2カ月の休養必要」という診断書提出
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ホテルルートイン 益田に きょう開業 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです