メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

受精卵

研究で作製、承認 国の専門委 大阪の医療機関申請

 厚生労働省と文部科学省の専門委員会は25日、大阪府の民間クリニックが申請していた、生殖補助医療の基礎研究のために、受精卵を作る計画を了承した。研究目的で受精卵作製が認められるのは、2011年の倫理指針施行後初めて。厚労省は、知的財産保護のためクリニック名は非公開とした。

 倫理指針は人の受精卵を使った研究の在り方を議論する過程でできた。受精卵は子宮に戻せば人として誕生する可能性があるため、国は以前から研究材料として受精卵を作ることを原則禁止…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く
  5. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです