メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

2拠点生活 都会の日常、地方でリセット

古後紘子さんの「都会の拠点」。約8畳のダイニングキッチンが居間を兼ねている=東京都港区で、手塚耕一郎撮影

 別荘はお金に余裕のある富裕層や定年退職後のシニア世代が持つもの、というイメージが依然強い。だが最近は、手ごろな賃貸を利用したり空き家に手を加えたりして、都会と地方の「2拠点生活」を楽しむ若い世代が現れている。

 東京・丸の内で働く古後(こご)紘子さん(36)は港区で暮らしながら、長野・蓼科にも住まいを持つ。夫(38)と長男(3)の3人家族だが、港区は45平方メートルの2DK、蓼科は18平方メートルのワンルームと、いずれもコンパクトな賃貸マンションだ。

 蓼科の部屋は、アウトドアスポーツが趣味で現地をよく訪れていた夫が、道具の置き場を兼ねて結婚前から借…

この記事は有料記事です。

残り1662文字(全文1939文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです