メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

2拠点生活 都会の日常、地方でリセット

古後紘子さんの「都会の拠点」。約8畳のダイニングキッチンが居間を兼ねている=東京都港区で、手塚耕一郎撮影

 別荘はお金に余裕のある富裕層や定年退職後のシニア世代が持つもの、というイメージが依然強い。だが最近は、手ごろな賃貸を利用したり空き家に手を加えたりして、都会と地方の「2拠点生活」を楽しむ若い世代が現れている。

 東京・丸の内で働く古後(こご)紘子さん(36)は港区で暮らしながら、長野・蓼科にも住まいを持つ。夫(38)と長男(3)の3人家族だが、港区は45平方メートルの2DK、蓼科は18平方メートルのワンルームと、いずれもコンパクトな賃貸マンションだ。

 蓼科の部屋は、アウトドアスポーツが趣味で現地をよく訪れていた夫が、道具の置き場を兼ねて結婚前から借…

この記事は有料記事です。

残り1662文字(全文1939文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです