メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 J1開幕から約1カ月。各チーム4試合を戦ったが、例年より積極的に攻め合う試合が多いと感じている。

 攻撃型の川崎がリーグを2連覇し、元スペイン代表のビジャが加入するなど大型補強で攻撃の活性化を狙う神戸の影響もあるだろう。その中でもJ2から昇格してきた大分の攻めの姿勢が光る。

 開幕戦で鹿島を破り、現在3勝1敗の3位。昇格組といえば、J1のスピードに慣れること、J1に備えて獲得した選手がなじむことに時間がかかり、序盤は苦戦しがちだが、4試合中3試合で複数得点をマークする堂々の戦いぶりだ。

 第3節の磐田戦後の記者会見。片野坂監督の声はつぶれていた。試合中に大声で指示を出し続けたためだ。磐…

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文867文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです