メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第4部 伝える/3 大企業告発、悔いなし 西宮冷蔵社長・水谷洋一さん(65)

=木葉健二撮影

 「休業中でここも空っぽですわ」。2月半ば、西宮冷蔵(兵庫県西宮市)社長の水谷洋一さん(65)は、雪印食品による牛肉偽装の現場となった「6番倉庫」を見回し、苦笑いした。薄暗い倉庫内は床や壁がはがれ落ち、ほこりの臭いが漂う。「あれから良い意味でも悪い意味でも、予想外が多かったです」

 2002年、雪印食品が国の牛海綿状脳症(BSE)対策の国産牛肉買い取り事業を悪用し、外国産牛肉を国産の箱に詰め替えていたことが発覚した。その2年前に雪印乳業が大規模な食中毒事故を起こし、経営悪化していた雪印グループは実質的な解体に追い込まれる。発覚の端緒は、水谷さんの告発だった。

 「相手は大企業で得意先。葛藤ありましたよ。最初は雪印側に『国に正直に話した方がええ』と何度も助言し…

この記事は有料記事です。

残り1371文字(全文1702文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです