メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石渡嶺司の“反”就活学

企業の関心は「成果」ではなく「経過」 入社後の“見込み”で採用

え・葛西りいち

面接官は「聞き飽きた」

 就活生向けの本「コミュ障のための面接戦略」(曽和利光著、星海社新書)は全254ページのうち、約半分が「袋とじ」になっています。当然ですが書店では半分程度しか見ることができません。

 しかもタイトルに「コミュ障(他人とのコミュニケーションが苦手な人)」とあるので、一般的な就活生は「面接でうまく話す自信はないけど、そこまでは」とちゅうちょするかもしれません。が、同書はタイトルとは別に、全就活生に推薦できる良書です。付言しますと同書に書いてある内容は、面接だけでなくエントリーシートにも当てはまります。

 同書が素晴らしいのは「学生の話す成果は、面接官は聞き飽きていたり、たいしたことない」と言い切っていることです。就活生からすればショックでしょうけど、全くその通り。

この記事は有料記事です。

残り1681文字(全文2024文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです