メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
【おわび】各お申し込みフォームが不具合のため停止しています。しばらくお待ちください
石渡嶺司の“反”就活学

企業の関心は「成果」ではなく「経過」 入社後の“見込み”で採用

え・葛西りいち

面接官は「聞き飽きた」

 就活生向けの本「コミュ障のための面接戦略」(曽和利光著、星海社新書)は全254ページのうち、約半分が「袋とじ」になっています。当然ですが書店では半分程度しか見ることができません。

 しかもタイトルに「コミュ障(他人とのコミュニケーションが苦手な人)」とあるので、一般的な就活生は「面接でうまく話す自信はないけど、そこまでは」とちゅうちょするかもしれません。が、同書はタイトルとは別に、全就活生に推薦できる良書です。付言しますと同書に書いてある内容は、面接だけでなくエントリーシートにも当てはまります。

 同書が素晴らしいのは「学生の話す成果は、面接官は聞き飽きていたり、たいしたことない」と言い切ってい…

この記事は有料記事です。

残り1713文字(全文2024文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. 県内最高齢 112歳、内山さんが死去 長崎市 /長崎

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです