メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワーキングプレース・就労の現場から

おもてなしのスペシャリスト リーガロイヤルホテルチーフコンシェルジュ・山本健二さん

 飲食店や観光スポット、交通の案内・手配など宿泊者らのさまざまな要望に応えるホテルのコンシェルジュ。テレビドラマなどでも紹介され、よく知られるようになった接客のスペシャリストだ。リーガロイヤルホテル(大阪市北区)のチーフコンシェルジュ、山本健二さん(45)に聞いた。【神崎和也】

 同ホテルは1980年代初めに、日本で初めてコンシェルジュの専門部署を設けたとされる。98年に入社した山本さんはベルボーイとして5年半、接客のノウハウを学んだ後、社内推薦でコンシェルジュに。初めて受けたのは「(九州の)阿蘇山に行きたい」という外国人客の相談だった。現地から地図などを取り寄せたと笑顔で振り返る。

 安心して提供できる情報を日々追求している。例えば最も要望が多い食事の場合、可能な限り自分たちが店へ足を運んで調べる。季節などの変化に合わせて何度も通うこともある。チームで情報交換しながら、ホテル周辺のガイドマップも作製、随時更新している。

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  2. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  5. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです