メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

始動

FFG・十八銀統合/上 独占、防げるか シェア「ほぼ100%」地域も 第三者委で業務監視

 「我々のサービスは、十八、親和両行に質で負けてはいない」。十八銀行(長崎市)とふくおかフィナンシャルグループ(FFG)の経営統合が約1カ月後に迫った2月下旬。長崎市内のホテルで、地元の企業経営者約200人を前に力説する西日本フィナンシャルホールディングス(FH)の谷川浩道社長の姿があった。

 統合によって十八銀は、県内でしのぎを削ってきた親和銀行(長崎県佐世保市)と同じFFGの傘下に入ることになる。公正取引委員会は両行の中小企業向け融資の県内シェアが約7割に上り、圧倒的地位を占めることで中小企業が不利な立場に置かれることを懸念し、審査は2年以上に及んだ。最終的には、両行の取引先の借り換えによって約1000億円の融資を他行に移し、一定程度シェアを落とすことを条件に統合を認めることにした。

 「長い間エース級の支店長を送り込んできたが、牙城は崩せなかった」。傘下に長崎銀行を抱える西日本FH…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都立高部活 顧問教諭の動作で前歯2本折れ 元女子生徒が提訴

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  5. 交通安全願い製作 高校生がキーホルダー /三重

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです