「若者よ 投票に行こうよ」PR動画に高校ダンス部起用 選管と大学の連携も 大阪ダブル選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ポンポンで文字を作り、投票を呼び掛ける箕面自由学園高のチアリーダー部=大阪府選管配信の動画から
ポンポンで文字を作り、投票を呼び掛ける箕面自由学園高のチアリーダー部=大阪府選管配信の動画から

 選挙権年齢が18歳に引き下げられて初めての統一地方選を迎えた。投票率が他の世代より低調な若者の選挙への関心を高めようと、知事・大阪市長のダブル選がある大阪府ではさまざまな取り組みが進む。10代、20代をどこまで振り向かせることができるのか。【松浦吉剛、山田毅】

 「LET’S GO トウヒョウ」。箕面自由学園高(豊中市)チアリーダー部の約60人は息の合ったダンスの中で手にしたポンポンで文字を作り、投票を呼び掛けた。府選管が初めて高校生を起用して制作したPR動画の一コマだ。

 府立登美丘高ダンス部(堺市東区)と府立今宮高ダンス部(大阪市浪速区)が登場する動画もあり、府選管ホームぺージや動画投稿サイト「ユーチューブ」などで閲覧できる。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文971文字)

あわせて読みたい