特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

立憲、「政権構想委」設置へ 次期衆院選を視野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で発言する立憲民主党の枝野幸男代表=国会内で2019年3月26日午後5時28分、川田雅浩撮影
記者会見で発言する立憲民主党の枝野幸男代表=国会内で2019年3月26日午後5時28分、川田雅浩撮影

 立憲民主党の枝野幸男代表は26日の記者会見で、夏の参院選に合わせた衆院解散・総選挙を視野に、候補者選考を急ぐ方針を表明した。国民民主党など旧民進党出身者が立候補予定の小選挙区にも立憲の候補を立て、党勢拡大を図る。ただ、野党間の競合を辞さない立憲の姿勢は、夏の参院選での野党協力に影響する可能性がある。

 立憲民主党は26日の常任幹事会でこうした活動方針を確認した。2017年衆院選で旧希望の党など他党や無所属で立候補した人でも、政策や理念が共有できれば受け入れる。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文615文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る