メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生エネ発電設備、30年代に1.6倍に 関西電力が新中期経営計画

関西電力の新中期経営計画を発表する記者会見で、質問に答える岩根茂樹社長=大阪市北区の同社で2019年3月26日午後3時37分、真野森作撮影

原発残る3基も再稼働 「原発と再エネを両輪に」

 関西電力は26日、2019~21年度を見据えた新しい中期経営計画を発表した。「低炭素化社会で先導的な企業を目指す」と掲げ、30年代の再生可能エネルギーによる発電設備を現状の1.6倍に当たる600万キロワットに増やす目標を据えた。今後、国内外で洋上風力発電など計200万キロワット以上の開発を進める。

 気候変動問題への対応として、原発に加えて、石油や石炭などの化石燃料を使わない再エネ電源を重視する姿…

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文841文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです