メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NYダウの下げ止まり好感、割安銘柄に買い戻し 日経平均400円超反発 

 26日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅に反発し、前日比451円28銭高の2万1428円39銭で取引を終えた。前日の米国市場で株価の下げ止まり感が出たことを好感し、買い戻す動きが優勢だった。

     欧米株価の急落を受け、前日の25日の日経平均は前週末比650円23銭安と今年最大の下げ幅だった。だが、25日のニューヨーク市場でダウ工業株30種平均が小幅反発したことでひとまず安心感が広がり、26日の東京市場は割安感の出た銘柄を中心に買い戻す動きが広がった。3月期決算企業の配当の権利を取る最終売買日だったことも個人投資家の買いを誘った。

     前週末の欧米株価の急落は、米連邦準備制度理事会(FRB)が20日に景気見通しの下方修正と年内の利上げを見送る姿勢を示したことが一因だった。三井住友アセットマネジメントの吉川雅幸氏は「利上げ見送りは本来、株価にとってプラス材料で、市場の(株売りの)反応は過剰だった」と分析する。ただ米中通商協議など不確定要素も多く「景気の動向を慎重に見極める必要がある」と指摘する。【古屋敷尚子】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
    2. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
    3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
    5. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです