政府、経済団体に就活ルール順守要請 現大学2年生対象

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は26日、2021年春に卒業予定の新卒者(現在の大学2年生)が対象となる就職・採用活動に関して、採用活動の解禁時期などを定めた現行のルールを順守するよう経済団体や業界団体など1133団体に要請した。これまで採用活動のルール作りをしてきた経団連が昨年10月、形骸化などを理由に20年春を最後にルール作りをやめることを決めており、21年春からは政府が主導する。

 政府は同日付で要請文書を郵送やメールで送付した。ルール自体に変更はなく、会社説明会などの広報活動は3年生の3月1日を、面接などの採用活動は4年生の6月1日を解禁日に定めている。インターンシップ(就業体験)については採用活動とは関係ないことを明確にして実施するよう求めた。また20年の東京五輪・パラリンピックを控え、学生ボランティアの事前研修が採用面接と重なった場合などに企業側に配慮を要請した。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文686文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集