メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日空、新技術用いたコンテナけん引車の自動走行試験を公開 佐賀空港

自動運転で走行する貨物コンテナけん引車。運転手はハンドルから手を離している=佐賀市で2019年3月26日、石田宗久撮影

 全日本空輸(ANA)は26日、新技術を用いた地上支援業務効率化の取り組みを、佐賀空港で報道機関に公開した。国内で初となる貨物コンテナけん引車の自動走行試験を公開したほか、最新式の飛行機けん引装置も披露した。人手不足や働き方改革は航空業界でも課題となっており、省力化や職員の負担軽減につなげる。

 佐賀空港の羽田線は、唯一ANAが運航している縁から、新技術活用のモデル空港に選んだ。貨物コンテナけん引車は豊田自動織機(愛知県)製で、カメラで路面の模様を読み取り、地図データと照合しながら自動で走る。来月5日まで空港敷地内で走行試験を行い、2020年の実用化を目指す。ターミナルの手荷物仕分け場と航空機までの往復に使う予定だ。

 最新式の飛行機けん引装置はリモートコントロールで遠隔操縦が可能で、車のように乗り込んで操縦する従来型に比べ、訓練が比較的簡単だという。

 この日はいずれも実際の動きが披露された。記者会見した清水信三専務は「技術革新で人の役割を単純労働から解放したい。航空業界も働き方を変える必要がある」と語った。【石田宗久】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです