メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英議会とメイ首相、EU離脱協議の主導権めぐり対立 先行き不透明に

欧州連合(EU)からの離脱期限を6月30日まで延期する方針を英下院で説明するメイ首相=ロンドンで3月20日、ロイター

 【ロンドン服部正法】英国の欧州連合(EU)からの離脱を巡り、英下院は27日、議員が提出した複数の離脱方針案について採決する見通しになった。政府提出のEUとの離脱合意案が2度否決されたのを受け、議会が政府に代わって離脱協議の主導権を握ろうとする動きだが、メイ首相はこれに反発。政府と議会の対立がより鮮明化し、先行きは一層不透明になっている。

 英下院は25日、議員によるさまざまな離脱方針の提案を投票にかけて最も支持を得た案を離脱方針とする案…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 明浄学院元理事長、自ら虚偽文書作成 1億円出金、当初から流用目的か

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです