メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中、28日から閣僚級通商協議再開 貿易戦争収束へ「妥協点」が焦点

 【北京・赤間清広】米中両政府は28日、北京で閣僚級通商協議を再開する。2日間の協議の後、4月3日からワシントンに舞台を移し交渉を継続する予定。貿易戦争収束に向けた妥協点を見いだし、トランプ大統領と習近平国家主席の首脳会談につなげられるかが焦点だ。

 中国側は貿易不均衡の是正や市場開放をアピールし、年間輸入総額2500億ドル(約28兆円)相当の中国製品に課された追加関税の完全撤廃に持ち込みたい考えだ。

 北京で先週開かれた経済フォーラムでも、中国高官から通商協議を意識した発言が相次いだ。韓正副首相は「中国はより開放的で、質の高い経済を目指す」と強調し、外資に対する参入規制緩和や、知的財産権保護の強化に取り組むと表明。中国共産党で経済政策を担当する中央財経委員会弁公室の韓文秀・副主任も「中国は(一方だけが利益を得る)ゼロサムゲームはしない。言ったことは必ず守り、行う以上は必ずやり遂げる」と述べ、米…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おとなの週末 文政6年から続く酒蔵が経営するそば屋。香り高く甘い常陸秋そばと清酒で乾杯♪

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  4. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  5. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです